インディゴチルドレンという言葉を

ここ最近、インディゴチルドレンという言葉をよく耳にします。どうも、スピリチュアル系の話らしく、魂が少し違うとかどうとか言っていましたが、話を聞いてもいまいちピントこなくて、結局インディゴチルドレンがどんなものなのか、よく分かりませんでした。だけでなく、こういうスピリチュアル系というのは自分があまり興味がないこともありますが、いまいち話を聞いていられないんですよね。だって、何を話しているのかも分からないし、インディゴチルドレンがどんなものか、科学的に証明することはできないわけですから。だから、いまいち話を聞いていてもそれほど興味を持つことができないのです。まあ、別にインディゴチルドレンを知らなかったからといって、別に何か問題があるわけでもないですからね。

趣味でバイオリンをやりたくて

最近趣味でバイオリンをやりたくていろいろ考えた結果バイオリンを購入して新しく始めてみようかなと思ってます。もともとバイオリン自体はあったのですが子供の時に使っていたやつなので小さくて使いづらかったしせっかく始めるなら新しくバイオリンを買ってみようかと思った次第です。でもまぁ、まさかこの歳になってまたバイオリンを始めようかなと思った自分もすごいと思いましたがふとした時に思い出すんですよね。あの時これやったなぁとか考えるとまたやりたいなぁって気持ちの方が強くなるんですよね。とは言え、もう何十年とやっていないのでさすがに覚えてなかったです。なのでせっかくやるならバイオリン初心者だからバイオリン教室にでも通ってみようかなと検討してみようかな。

ピアノ教室でのレッスン曲も

ピアノ教室でのレッスン曲も、最近やっとバッハになりました。バッハは昔からやってみたかった作曲家なので、やっとここまで来れたかと嬉しくなりました。浜松市ピアノ教室の先生がこの前手本で弾いてくれたのですが、あの雰囲気が私はとても好きなのです。私が弾くと、まだまだバッハの雰囲気はでてきませんが、これからのピアノ教室のレッスンの中でどうやって表現していったらいいのかを教わりながら、頑張って練習していこうと思っています。

自分が所属している吹奏楽団で

吹奏楽団の練習で、最近がクラッシックの練習曲を多くやるようになりました。どうも、ポップスばかりやっていたのでノリが軽くなってしまったらしく、もう一度しっかりと音作りからやりたいと言うことでした。でも、私のいる浜松市吹奏楽団は色々なジャンルの曲を練習できるので、私はとても楽しいです。いつか、自分が所属している吹奏楽団で定期演奏会ができたらいいなと思っています。

友人が自分の床屋をオープンしました

最近友人が自分の床屋をオープンしました。若い頃からずっと床屋に入って修行をしていましたが、ついに自分の店を構えたと言うことで私も自分のことのように嬉しいです。私が住んでる地域には、床屋だけでなく美容室も割と多い方です。だから、いろいろな面で大変だと思いますけれども、ぜひ頑張って欲しいなと思います。私も、応援するために先日友人の浜松市床屋に行って髪を切ってきました。髪を切る技術はもちろんですが、お話やコミニケーションもとても上手なので、とても人気が出る床屋になるんじゃないかなと思います。これから私も周りの友人には、今回友人がオープンした床屋を紹介していきたいと思っています。