フルートのロングトーンをしながら

フルートのロングトーンの練習で大切なことは、いかに同じ息を出し続けるかということ。どうしてもフルートを吹いている時は息の使い方が強くなったり弱くなったりするので、それをどうやって一定に保っていくのかというのが大切になってくる。そうすると、フルートのロングトーンをしながら常に息の状態に気を配ってあげるのが、ロングトーンの練習の中で息を一定に出せるようにするために必要なことだと分かってくる。あとは、その中でどのような息の状態で演奏していくと良い音で安定してくれるのかを注意深く観察をして練習していくのかが鍵になってきます。